セコムグループとして

あらゆる不安のない社会を実現するため「社会システム産業」の構築を目指す

セコムは、「あらゆる不安のない社会の実現」を社会的使命とし、「社会にとってよりよいサービスを創り上げたい」という強い想いを、創業以来持ち続けています。

1989年に「社会システム産業」の構築を目指すことを宣言し、その実現に向かって邁進しています。「社会システム産業」とは、社会で暮らす上で、より「安全・安心」で、「快適・便利」なシステムやサービスを創造し、それらを統合・融合させ、社会になくてはならない新しい社会システムとして提供するものです。

社会に届けたい「安全・安心」を実現するために取り組んできた結果、現在はセキュリティに加え、防災、メディカル、保険、地理情報サービス、情報通信、不動産などの事業を展開、海外の様々な国や地域にも進出し、“ALL SECOM(セコムグループ総力の結集)”で、「社会システム産業」の構築に取り組んでいます。

そうした中で当社は、国内施設において多様化する建築設備へのニーズに対し、いつでも、どこでも誰もが「安全・安心」で「快適・便利」を感じられる空間を提供することができるプロフェッショナルな技術者集団として、今後ますますその活躍が期待されています。

セキュリティも建築設備も、表面上は目に見えにくいサービス。しかしそこには決して不備があってはなりません。日常的に誰もが利用するオフィスや商業施設・病院で、蛇口をひねれば水が出て、スイッチを押せば工アコンが稼動する。一見あたり前の、ごくありふれた何気ないそんな風景を陰で支え、守り続けることに当社の存在意義があるのです。

当社の強みは、建築設備工事だけでなく、メンテナンスまで一貫して手がけていることです。これに加え、幅広い事業を展開するセコムグループとのシナジーにより、防犯・防火などセキュリティシステムまで包括した複合的・総合的なサービスの総合提案も可能となります。これによりサービス品質が一層向上し、お客様の満足度や社会からの信頼が高まり、トータルメンテナンスの受注拡大や業容拡大・拡充などさまざまな成果が期待できます。

これからもセコムグループの今後を見据え、セコム・スピリッツを醸成しつつ、独創性と考動力で確かな品質を築き、「安全・安心」で「快適・便利」な空間を提供し続けることで、広く社会に貢献してまいります。